クレジット業界の重要なインフラ

 クレジットカードの信用承認金額が三万円に引き下げられたことにより、大手スーパーは相次いで機能の強化を行なった。
信用承認金額(フロアリミット)とは、クレジットカードの支払いを受ける加盟屈である小売業者が、クレジットカード会社に対してクレジットカードの不正利用や利用限度額オーバーなどを照会しなければならない販売限度額のことである。
CATとは、クレジットカードの加盟屈とクレジットカード会社を結ぶクレジットカードのオンラインシステムのことで、カード会社への信用照会、紛失・盗難・無効カード等のチェック、売上票の作成、売上データの突換業務などを処理する。クレジットカード社会を支えるインフラともいえるシステムだ。
CATシステム導入のメリットとして、加盟屈にとっては、‘鷸融間の信用照会が可能となること、▲ードの事務処理手続き時間の短縮が可能となることなどがあげられる。消費者にとっても、カード利用時の手続き待ち時間が短縮される。カード会社にとっては、何よりもカード社会の安全性(与信・事故防止など)を強化できるというメリットがある。

 

このように、CAT導入には数々のメリットがあるにもかかわらず、端末導入の加盟屈側のコスト負担が高いことなどが原因で普及がまだまだ遅れているのが現状だ。
クレジットの齢カードの発行枚数が二億を突破したのに対して、MCATの設置台数は全国で六五万二八一O時台である。全国で200万を超える小売屈に比して、まだ少ないといゆえる。
理想をいえばキリがないが、普及を進めていくためには低価格CATの開発や、カード会社の利益の一定額を毎年CAT設置に振り向けていくなどの施策が考えられる。
クレジットカード社会のインフラとしてのCATの普及を図っていくことは、今後のクレジット業界にとって重要な課題である。

 

現在、スーパーでの導入の中心となっているのは、POS(販売時点情報管理)端末と信用照会端末(CAT)を一体化したPOSーCATだ。POSーCATは、POSとCATを別々に利用するよりも、信用照会と清算を行なうための処理時間を短縮できるというメリットがある。とくにカードの不正利用を防ぐためには有効な武器となる。

 

CATにはこの他にもオーソリゼーション(承認番号発行)のみが可能な簡易型CATであるSCAT、加盟屈とクレジットカード会社聞をオンラインで結んでデータ交換を行ない、売上清算処理までを行なってしまうギャザリングが可能な新型のGICATなどがある。

 

 

関連ページ

クレジットって何なの
クレジット産業とは
クレジットの業務は
クレジット販売のしくみ
クレジットの関連業界は多様
業態別ランキング
企業別取扱高ランキング
カード会社ランキング
発行枚数と取扱高
カードの主な特徴
提携カードの仕組み
国際カード
クレジットのカードの違い
クレジットカードのセキュリティ
多重債務問題
個人の信用情報
全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー
全国信用情報センター連合会
株式会社シーシービー
割賦販売法
割賦販売および割賦購入
書面交付の義務
無条件契約解除
契約の解除等の制限
割賦購入あっせん業者に対する抗弁
損害賠償等の額の制限
割賦購入あっせん業者の登録制
福利厚生の代行サービス登場
クレジットカードの発展
日本のクレジットの原型
流通系クレジット会社のルーツ
信販会社の始まりはチケット!?
銀行系カード会社と国際カード
キャッシングとカードローンの誕生
ビザとマスター
国際カードと国内カード
急ぎでお金を借りたいあなたに即日でお金を借りる方法をお伝えしています。融資の審査はどのように行われるのか、審査が甘い所はあるの?主婦やアルバイト、無職でも借りられるの?お金のお悩みを解決します。
年会費の安い流通系カード
急ぎでお金を借りたいあなたに即日でお金を借りる方法をお伝えしています。融資の審査はどのように行われるのか、審査が甘い所はあるの?主婦やアルバイト、無職でも借りられるの?お金のお悩みを解決します。
カード犯罪
急ぎでお金を借りたいあなたに即日でお金を借りる方法をお伝えしています。融資の審査はどのように行われるのか、審査が甘い所はあるの?主婦やアルバイト、無職でも借りられるの?お金のお悩みを解決します。
ブラックリストはあるのか